MM2Hビザの更新は大変です

こんばんは。

本日は、MM2Hのビザ更新について、お伝えできればと思います。

MM2Hは、Malaysia My Second Homeビザと言って、マレーシアに長期滞在される方向けのビザになります。一度、取得すると10年間はそのビザでマレーシアへの出入国ができます。

ご家族の場合、扶養者の方がMM2Hビザを取得すれば、そのご家族もMM2Hホルダーとなって、同じ条件でマレーシアへの出入国が可能となります。
MM2Hを取得すると、それぞれのパスポートにスタンプが貼られます。

最近、多いお問い合わせは、パスポート更新に伴うMM2Hの更新手続きです。
これが思いもせず、煩雑です。

MM2Hビザは、10年間のビザですが、扶養者のパスポート有効期間しかスタンプ上では取得できません。そして、家族はこの扶養者のMM2Hの有効期限のスタンプしか取得できません。

そのため、扶養者がパスポートを更新し、追加のMM2Hの有効期間を取得した場合、それに合わせて家族のMM2Hの更新が必要になります。
また、家族のパスポート更新が必要になった場合、更新後にMM2Hのスタンプを再度取得する必要も出てきます。

このような依存関係から、扶養者のパスポート残有効期間と取得のタイミング、家族のパスポートの残有効期間を加味して、取得しておかないと更新のための手続きがとても煩雑になってしまいます。

MM2Hの更新はマレーシア国内でしかできないため、マレーシアで生活されている方々はまだ対応できますが、日本国内にいらっしゃる場合は、さらに煩雑さを感じてしまいますね。

Post a comment